2010年01月26日

統一教会大分教会など捜索=特定商取引法違反容疑-県警(時事通信)

 印鑑の購入を執拗(しつよう)に迫った疑いがあるとして、大分県警は19日、特定商取引法違反(威迫・困惑)容疑で、同県由布市と岡山県倉敷市の女性2人の自宅のほか、大分市内の有限会社、世界基督教統一神霊協会(統一教会)大分教会などを家宅捜索した。
 県警によると、2人は2008年8月、大分市内の女性宅を訪問するなどして「奥さんの名前の字画はよくありません。大凶ですね」などと言って、印鑑の売買契約を迫った疑いが持たれている。
 女性が購入した印鑑は2セットで約50万円だったという。
 統一教会広報局の話 当法人は宗教法人であり、営利事業は行っていない。(捜索を受けた)会社と当法人は関係ない。 

【関連ニュース】
高齢者に無理やり白アリ駆除契約=総額33億円か、7人逮捕
内職に必要と教材販売=4億7000万円売り上げか
仮想空間取引で業務停止命令=「有名企業も参加」と偽る
太陽光発電、しつこく勧誘=全国初、2社に業務停止命令
12月に悪質商法110番=改正特商・割販法の施行で

【政論】民主は良識まで“交代”か(産経新聞)
「借りたカネは返すな!」著者 脱税指南容疑で逮捕(産経新聞)
安保改定50年で日米外務・防衛4閣僚共同声明(全文)(産経新聞)
<緑提灯>保育園でも掲げます 国産食材50%超の証し(毎日新聞)
<衆院>鳩山元総務相の裁判官訴追委員辞職を許可(毎日新聞)
posted by モロホシ ユキ at 08:25
"統一教会大分教会など捜索=特定商取引法違反容疑-県警(時事通信)"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。